株式会社マノは年間を通して国産玉葱を安定供給中

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社マノでは国内のタマネギを中心に年間を通して安定した質と量のタマネギを各企業等に納入しています。原料メーカーとして知られ、あらゆる要望にも高いレベルで応えてくれることもあり、タマネギを使用する多くの事業者にとっては欠かせない存在ともなっています。食品メーカーなどにとってタマネギを使用するシーンはかなりの頻度となり、使用する量も膨大なものとなります。そのため、タマネギというひとつの種類の原料に関して加工をあらかじめおこなってもらえるだけで、作業効率が劇的に変化していくこともあるのです。そのため、株式会社マノは多くの企業にとっては欠かせない存在になっていると言っても過言ではないのです。

加工と一口に言ってもその内容は千差万別です。どのような加工をおこなった上で納入してほしいのかということは企業によって大きく異なります。そのようなありとあらゆる要望にもこたえてくれるのが株式会社マノなのです。兵庫県淡路島の地において昭和28年の創業以来、タマネギを市場や各社に供給することに一貫してきた企業です。だからこそ、加工方法などもあらゆるパターンに対応することができています。

また、国内に多数の工場を持ち、各地で栽培されたまねぎを時期を変えながらローテーションで出荷していくことによって、年間を通して安定した供給をおこなえるようにしています。ひとつの地域で栽培したタマネギだけを使用していたのでは、時期によっては収穫時期でないことを理由に出荷ができないという状況になってしまうのですが、株式会社マノの場合にはそうはなりません。年間を通して安定してタマネギを収穫でき、出荷できるような体制が整っているのです。

食品メーカーなどにとって、時期は関係ありません。特にタマネギのようにあらゆるシーンで使用することになる原料の場合には、一年中使用することが多くなるはずです。このような状況の中では年間を通して安定して供給してもらえる状況は大きな意味を持つはずです。国内だけではなく、海外からも質の高いタマネギを輸入しています。もちろん、その品質チェックは厳格であり、安心感や信頼性という側面から見ても問題はないはずです。長い歴史を持つ株式会社マノだからこそ、このようなチェックも抜かりなくおこなうことができるのではないでしょうか。長い歴史の中で培ってきたノウハウを持っていますので、そのノウハウをもとに採用したタマネギに注目しましょう。