万が一のリスクを減らす、ウォーターサーバーで命の水を

最近耳にする自然災害の被害は世界各地だけでなく日本列島でも年々増加しています。異常気象など様々な原因で起こる災害は、事前に予期できないものの方が多く、有事の際に備えて日ごろから備えておくことが、災害発生後の暮らしを左右します。備蓄品の種類は様々で、最近では特別番組やニュースなどでも呼びかけを聞く機会が多くなってきており、主に懐中電灯や食料、衣類を中心に家庭でも準備をしている人が大勢います。災害に対する準備の面でもウォーターサーバーを家庭利用に取り入れるメリットがあります。

災害時、水はとても貴重なものです。飲み水として使うだけではなく、感染症予防の手洗いうがいや、トイレ用水、また怪我をした際に洗い流すなど、その用途は多岐にわたります。そのため、できるだけ多くの水を備えておきたいという人がいる反面、ペットボトルに汲み置きしたり購入したりする水は、置く場所もとり、また移動の際にまとめて持ち運ぶのも大変です。

ウォーターサーバーを取り入れている家庭は、それだけで有事の際の水の蓄えとしても使用ができます。ペットボトルの容量は2Lのものが主流です。ウォーターサーバーにセットするボトルは多くがペットボトルに比べ大容量であるため、何個も用意しなくてもより多くの水を蓄えておくことができます。また、ウォーターサーバーの機械自体にセットをしておけば、保管の場所も取りません。ウォーターサーバーの利用は毎日の生活だけでなく、災害時のリスクも減らすことができるのです。